臭いスソワキガの原因は汗と菌だった|美容外科で臭いを解消

汗を抑える薬剤

注射

緊張や暑さでワキの汗がたくさん出ることがあります。汗の量が平均的な人であっても、服に汗ジミができるのは嫌になるでしょう。そんなワキの汗を抑えたいという場合やワキの臭いが気になっているという場合は美容外科で治療をすることができるのです。美容外科は病気や怪我を治療する一般の医療機関とは違い美容の悩みを解消するところです。二重の手術や豊胸、脂肪吸引などを行なっているというイメージが強いでしょう。そんな美容外科ではワキの臭いや汗を抑える治療も行なえるのです。多くの美容外科ではワキ汗やワキガの治療にボトックス注射というものが使われています。ボトックスというのは筋肉に働きかける伝達物質「アセチルコリン」の働きを阻害する薬剤です。なぜ、この薬剤がワキ汗やワキガの対策になるのかというと、ワキにある汗腺から汗の分泌を抑えることができるからです。ワキの汗はアポクリン汗腺という部分から分泌されており、その汗にはアンモニアや脂肪酸が含まれています。その老廃物が混ざった汗を雑菌が分解して悪臭を放ってしまうというわけです。そして、この汗の分泌を促しているのがアセチルコリンという物質なのです。ワキにボトックス注射を打つことでアセチルコリンからの指令が汗腺に届かず、分泌の量が少なくなるでしょう。きつい臭いの場合はこのボトックス注射だけでは改善されないこともあるので、その場合は他の方法があるか美容外科で相談しましょう。ボトックス注射はワキ汗対策だけでなく、シワの治療にも使われています。